DIRETOでZwift【ワークアウト】

自動負荷装置付きのスマートトレーナーでZwiftをやると、路面状況によって色々と変化があって楽しい。上り坂に差し掛かればペダルが重くなったり、人の後ろについたら楽にスピードを維持できたりね。でも、指定のワットで踏み踏みしなければならないワークアウトはどうすんだ。下り坂とかアウタートップでも回しきってしまうよ。

ERGモード発動

そんな時のためにERGモードというのがあります。ワークアウト選択画面(キャッチアイ画像)の真ん中下のERGモードにチェックを入れておくと、ワークアウト中はシフトチェンジをしなくても、DIRETOの方で勝手に付加を調整してくれるモードです。

ERGモードでZwift - SST (Med)をやってみる

230/208/230/208/230/207-227/209/230/208/231/208

なるほど、あまりブレません。

疲れてケイデンスが落ちてくると、ペダルが重くなり休ませてはくれません。

これがかなりキツいw

2018-3-9◆1:25:34/AP199W/NP208W/148bpm(181bpm)/77rpm/TSS103/1,022kJ

ERGモードはアリかナシか

ERGモードにしておけばシフトチェンジが不要という事で、気になる騒音の大部分が発生しなくなる。チェーンが真っ直ぐになるようにギヤを選択しておけばチェーンの音も最小限。ワークアウト中は足を止めることはないから、フリーを空転させることもなく大正義。夜遅くローラー回すにはワークアウト(ERGモード)一択。