誰が言ったかジョウブレイカーは孤高

大腿骨転子部骨折から7ヶ月が経過し、まだまだ違和感があったり、時々痛くなったりするものの、生活に支障がないレベルまでは戻ってきた。ここに来てようやく家内から外で自転車に乗る許可が得られた。いや、正確に言うと「言っても聞かないんだから勝手にどうぞ」というのが本当のところだろうか。

ジョウブレイカーは孤高

実走再開を前にアイウェアを整理していたらジョウブレイカーが3つも出てきた。本当は再び外で走れる嬉しさのあまり舞い上がって追加購入したものも含まれているのだけど。

ジョウブレイカーを使い始めたのが2年前。釣り、ゴルフ、自転車とアイウェアを使用する趣味を続けてきたけど、同じフレームを2年使い続けてるのって、ちょっと記憶にない。それだけジョウブレイカーは掛けてて違和感がないし見た目もほら、小顔効果?w

[caption id="attachment_1446" align="alignnone" width="680"] Photo by Koji OKAMOTO[/caption]

レンズの交換も楽でカラーバリエーションも豊富。似合わない人は少ないんじゃないかな。

敢えて言おう「ジョウブレイカーは孤高」であると。※個人の感想です

手持ちのジョウブレイカーを簡単に紹介してみます。

Polished White

艶ありの白いフレームに黒色のジョー。定番中の定番、自分の記憶が確かなら初期カラーだったと思う。このカラー自体はカタログ落ちしているけど、在庫が出回っているのでまだまだ新品でも手に入ります。黒色のジョーは濃い目のレンズと合わせると、フレームを目立たせなくさせますね。

レンズも定番のプリズムロード(可視光線透過率:20%)です。赤みのかかったレンズはコントラストを際立たせて路面の凹凸が見やすくなります。また白色を目立たせるので白線も見やすくなります。バスフィッシングでもサイトで狙う時などは、バスの腹が見やすくなったり産卵床を見付けやすくなるので赤系統のレンズを使用します。

Red Line

チームジャージに合わせた赤/黒です。赤POC-赤JB-赤ジャージ ぶっちゃけしつこいです(笑)

ポジティブレッドイリジウム可視光線透過率:15%)はグレー系のレンズなので色味は自然ですが、自分には色が濃いです。鳥目なので快晴時しか使えません。濃い色のレンズに赤色のミラーが映えます。カッコは良いけど前述の理由で使用頻度は低め。

Neon Pop Fade

何を隠そう(隠してない)追加購入したのがこちら。某ハッピー氏のジョウブレイカーが壊れたとのことで、一緒にサイトを見てたら一目惚れからの即購入。“ミイラ取りがミイラになる”の典型ですわね。フレームカラーのpurple pop fadeはつや消し紫のフレームに橙のジョー。これがツボ

あれ?と思って確認したら、バス釣りで使用しているゴーグルも同系統でした…。

レンズの色も気になっていました。プリズム・ルビーの名前に釣られてってところも購入の後押しになりました。けど、可視光線透過率17%は未確認でした。自分には暗い…けど良いんです。フレームカラーが好きなんです。レンズなんて飾り…じゃないけど、簡単に変えられるので。

サードパーティ製のレンズ

何を隠そう(隠してない)実はオークリー純正のレンズは使用頻度低め。暗いレンズが苦手なのもあるし、シクロクロスでは林間部に入ることも多いので、自分の場合は暗いレンズだと一瞬何も見えなくなってしまうのです。そこでクリアレンズ(可視光線透過率:94%)の登場でも良いんですが流石に明るすぎ。

そこでOBLIGEオリジナルのZEROレンズ、ルビークリア(可視光線透過率:85%)の登場です。薄っすらと青みがかったレンズに純正クリアにはないミラーコーティング。晴天時もそれほど眩しさも感じないし、林間部も夜間も見づらくなることが無いので八割方このレンズを使用してます。

レーシングジャケットも孤高?

孤高の意味ってw ここまでジョウブレイカーを持ち上げておいてなんですが、レーシングジャケットも捨てがたい。レーシングジャケットはAJOCCマスターズクラスでは絶大な人気を誇ります。自分も例外でなく何レースかはレーシングジャケットで参戦しています。

[caption id="attachment_1448" align="alignnone" width="680"] Photo by Koji OKAMOTO[/caption]

レーシングジャケットを使う理由の一つにレンズカラーがあります。プリズムトレイル(可視光線透過率:36%)は橙系のレンズで暗いところでも比較的明るく見せてくれます。晴天時のシクロクロスならこれで十分。フレーム形状が好きなので積極的に使っていきたいけど、再販されたフレームカラー以外は入手困難というのが頭を悩ませるところ。

強い近視と乱視なので通常はコンタクトレンズアイウェアですが、ちょい乗りやコンタクトレンズを付けたくない時は度入りのレンズを使っています。オークリー純正のレンズでは度数が足りないのでパリミキで作ってもらいました。ミラーコートしてベンチレーション開けてとかやったら、やたらとギラギラしてしまいました。家族でお出かけの時は悪目立ちするので使用禁止令が出されています(笑)

偽物注意

ジョウブレイカーもレーシングジャケットもどちらも好きですが、世の中には偽物が蔓延っているようです。信頼できるお店で、出来ればミラリジャパンの保証書が付いたものが良いですね。並行輸入品は物によっては大きなノーズパッドが付いていないので、日本人顔の人は注意してください。ノーズパッド単体でも買えますが2,000円以上します。

ちなみに、USフィットもアジアンフィットもフレーム形状は一緒です。ノーズパッドによって使い分けができます。