8ヶ月ぶりにお外を走ってみたら

当ブログを始めてから約8ヶ月でなんと初めての実走記事(笑)

Jun.24,2018◆1:50:20/46.18km/467UP/NP222W/TSS167.8/974kJ

しかし雨

「日曜の雨予報が消えましたよ!」と監督から連絡をもらったのは金曜日。ならば行きますかと、平日休みの復活ライドを雨で断念した私は、この日曜のSHIDOサイクリング会を復活ライドにしようと決めた。

しかし、起きたら雨。お布団に戻って二度寝を決め込もうとするも、ちょっと待てよと。雨雲レーダーで確認すると30分後には雨雲が通り過ぎるようだ。取り敢えず準備だけはしておこう。

ハニーバタートーストとヨーグルト、そしてコーヒー。食べ終わってから気付いた。というより思い出した。サイクリング会の目的地はパン屋さんなんだ。栄養過多にならないように、いつもは何も食べないで出かけるんだった。まぁいっか。

雨も上がったようだし、ウインドブレーカーだけ着込んで出発!

そして、走り出す

ひんやりした空気に濡れた路面がちょっと怖いな。レースD25Cの空気圧を下限近くの6.5気圧まで下げて走り出すと、あぁこんな感じ、懐かしい。しかし、ふらふらして安定しない乗り物だ(笑)

カーブはもちろん最徐行。水たまりやマンホールは出来るだけ避けて慎重に。多摩川サイクリングロードに出るまでに疲れてしまった。

時間に余裕を持って出発したので、サイクリングロードをのんびりと。すれ違うロード乗りに会釈をするも、誰も返してくれないのはちょっとさみしい。

そして、誰も来な…

集合時間10分前に到着。まだ誰も来ていない、いつもの光景。

5分前…そろそろ誰か来る頃。来ない

集合時間…また降ってきたしね、普通は走らないか。

集合場所まで来た証拠に写真だけ撮って一人尾根幹流して帰ろう。

自転車が逆向きなのは許しておくれ。

そうこうしてると監督登場。そして、どぅーさんが車で登場。橋の下で雨宿りしつつルートの相談。まだ降りそうだし遠出は危険なので尾根幹を軽くというプラン。

尾根幹へ

恐らく、自分にとって一緒に自転車に乗っている時間が最も長いと思われる二人と一緒なのは心強い。しかし、尾根幹へのアプローチはもちろん上り坂だ。

ダンシング?なにそれ美味しいの?レベルのダンシング。右にカックン、左にカックン、自分でも笑ってしまう。この辺は徐々に感覚を戻していくしか無いだろうね。

もう雨は上がっているのだろうか?体中に水滴が飛んできているが、もはやそれが雨なのか、道路に溜まった水を監督が跳ね上げている監督汁なのか区別がつかない。そんなことはどうでも良い、こうして外を走れるのが楽しいのだ。

クランベリークリームチーズベーグルサンドは正義

久しぶりに来たな。好きなパン屋さんだけど、なぜか車では来ない。ここは自転車で来る場所って気持ちが自分の中で強い。そして、私のラインのトップページにも書いてあるとおり、エピソードのクランベリークリームチーズベーグルサンドは正義」なのだ。

店内に入るとまずはベーグルサンドの入っているクーラーに直行する。そして、ベーグルサンドをお盆に乗せてニッコリ。ここまでが、私がエピソードで行う来店の義だ。

残念ながらこの日はクランベリークリームチーズベーグルサンドにはお目にかかれなかった。それどころか、ベーグル系は一つも無かった。ベーグルは私の復活ライドを祝ってはくれぬのか…

嘆いてばかりもいられないので、店内で2番めに正義のたまごコッペとココナッツとパインのデニッシュをいただいた。量販店にありがちな混ぜもの感たっぷりのたまごサラダとは一線を画するところが好感がもてる。パインは私の中では果物界での大正義だ。

お外が暑くなっているじゃない

自転車に乗るのが久しぶりってことは、みんなと会うのも久しぶりなわけで。いや、酒の席は結構会ってたりもするけど、サイクルジャージで会うのは本当に久しぶり。

生憎のお天気のせいかお店が空いていたこともあり、話に夢中になったり、お仕事が忙しいどぅーさんが爆睡している間にかなりの時間が経っていた。

どぅーさんは開店時間、私は長女さんとの約束の時間が迫っていたので、鉛のように重くなった腰を持ち上げた。

「あっつ」

ガーミンの温度計は34度を表示していた。

帰りも隊列は変わらず。杜の一番街北では千切れる寸前…いや、ほぼ千切れてたな(469w/40s)

トラウマコーナー回避

帰り道は二通り。流すつもりがついつい力が入ってしまう連光寺を上って帰るのか。それとも平坦ながら私から8ヶ月もの間、自転車を取り上げた落車骨折コーナーを通るのか。

迷いはなかった。

連光寺だ」

いつもは苦しいばかりの連光寺は意外にも楽しかった。この息苦しささえも懐かしい。信号のタイミングで速度調整はしたものの、自己ベストから25秒遅れで上りきれたって事は、思っているよりも体力の低下は少ないのか?

無事に帰宅!からの食欲

久しぶりのライドで怪我なく自宅に戻れてホッとした。これを当たり前にしなきゃいけないけれど、これを当たり前と思ってはいけない。過信は禁物。

終始前を牽いてくれたどぅーさん、常に私を気にかけていてくれいた監督のお二人には感謝感謝です。おかげさまで楽しく復帰できました。さぁこれから乗りまくるぞ!ってのが、いけない(笑)

それにしても、久しぶりに外を走ると食欲が収まらない。

 

そして、プロテインは飲み忘れた oh…