ニセコ対策?監督練

f:id:nige16:20170704125450j:plain

Jul.02,2017◆5:46:02/150.58km/2,101m UP/NP 196W/TSS 380.8/2,932kJ

大垂水峠-雛鶴峠-道坂峠-道志みち宮ヶ瀬湖

 

OKB監督シゲノパが今週末のニセコクラシックに向けて長距離を走りに行くと言うのでご一緒させてもらった。SHIDOのチーム練に混ざりつつ雛鶴峠から離脱の予定だったけど、OKB監督のパンクによりスタートから5kmほどで早々に離脱(笑)

3人で大垂水峠をゆっくりペースで越えつつ、雛鶴峠もチーム練の時+5分くらいののんびり登坂。饅頭屋までもう少しって所でチームとスライド。ありゃ、もう少し踏んでおけば良かったかな。今回は饅頭屋をスルーして、雛鶴神社、新雛鶴トンネル。

道坂峠手前のコンビニで休憩しつつ、お2人は「これくらい踏んでおけば~」ってな会話をしてるけど、ニセコに行かない私にはチンプンカンプン。再来年くらいには行ってみたいね。ニセコ

都留側からはお初となる道坂峠は約9kmの道のりで平均斜度6%ほど。普通にキツい。序盤3.5kmほどはだらだら上りだけど、後半はガツンと斜度が上がります。今日のメイン的な感じ。

道坂峠の下りでOKB監督の安定の下り(笑)選挙会場に駆け込み事なきを得ると、OKB監督が所要を熟している時に、残された2人は何故か職員さんと雑談しているという。オリンピックに向けて熱く語っていただいた。

解き放たれたOKB監督が道志みちをガンガンに上げるんでキツかったな。道志みちで落ち武者練をしているという噂のシド・ニーバリU1を捕獲することは残念ながら叶わなかった。

初開催されるという宮ケ瀬クリテリウムのエリートクラスに間に合いそうだったので、名も無き地味にキツい峠を抜けて宮ヶ瀬湖へ。今までのイメージと違うアップダウンの大きなコースで面白そう。

レースの方はゲスト参加のチーム右京の面々により修羅場と化しておりました。一般の完走者が2名で優勝は全日本に続き連勝の畑中プロ。いや、もう次元が違う感じでした。

帰り道、スッカスカの脚になったOKB監督と私は、涼しくなってきて傍迷惑な元気を出してきたシゲノパに引き摺られるように帰宅しました。

 

f:id:nige16:20170704125453j:plain

f:id:nige16:20170704125502j:plain

f:id:nige16:20170704125500j:plain

f:id:nige16:20170704125506j:plain

f:id:nige16:20170704125513j:plain

f:id:nige16:20170704125736j:plain