第18回 ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会

f:id:nige16:20170627154828j:plain

Jun.25,2017◆1:32:18.129 年代別133位/395名(34%) 

 

昨年に引き続き2回目の参加です。往きの高速では土砂降り、準備中に緊急地震速報と不安な一日の始まりだったけどスタートは出来そう。スタート前には殆ど雨は上がってました。

少し肌寒いのでワンピースにベストで出たけどベストは無くても良かったな。換えたばかりのペダルのクリートキャッチが心配だったこともあり最後尾スタート。しかし、計測地点はスタートゲートより数メートル先だったのね。

開始早々の激坂で有名なヒルクライムレースですが、今年は雨&ウエット路面で更に難易度が増すことが想像できます。激坂の混乱に巻き込まれないように、スタートから激坂までの短い区間でなるべく前に出ておきました。

案の定「ここが一番の難所!!」の看板付近では、既に押し歩いてる人や止まってしまう人、蛇行してる人、コース脇の草むらに突っ込んでる人などで大混雑。それでも、コースの真ん中は空けてくれていたので大きな混乱にはならず。目の前の選手が濡れたグレーチングでダンシングを初めてケツ振った時はさすがに焦りましたが。

張り切りすぎたのか体調のせいなのか、激坂区間を2/3過ぎたあたりで急に体が重くなり前に進まない感覚。それでも激坂区間のタイムはPRを更新してんだよな、気のせいだったのかな。

美鈴湖の派手な応援に押されて、後はイケイケで行きたいところ。ここいら辺まで来ると周りは大体脚が揃ってくるものの、斜度が急なところは頑張らないで緩斜面を頑張る私は他の選手と違うらしく抜いたり抜かれたりしながら武石峠まで。

下り区間は濃い霧が出ていて数メートル先が見えない状況で、センターラインを頼りに踏んでいきますが、濡れたブレーキの不安もありちょくちょく当て効きしながら下ります。

最後はゴールまで、というところで下山待ちの列から下を見たままフラフラとコースに入ってくる選手が見えたので、減速しつつ大人気なく声を荒げてしまった。反省。申し訳ない。

昨年、散々待たされて寒い思いをした下山は今年はとてもスムーズでした。ちょっと下山スピードが遅すぎる気もしましたが、それでも転んでる人がいたのでやむを得ないですね。

辛うじて目標だった去年のタイムを上回るとこには成功したものの、わずか1分ほど。ウエット路面と濃霧で全体的にタイムが上がってないんだし上出来って事にしておこう。順位%だって昨年の37%から上がってるし…3%だけね。

今年もレース終了後の豚汁、ミス松本から手渡しでいただける松本のお水と浅間温泉まんじゅうアミノバイタルさんからレース前後に2種類のゼリー、下山途中のカフェでは温かいスープと非常に温かいおもてなしをして頂けた。登坂中の声援も下山中のお疲れさまも非常に嬉しい好きな大会です。コースは厳しいけど。

f:id:nige16:20170626114517j:plain

f:id:nige16:20170626114520j:plain

f:id:nige16:20170626114528j:plain

f:id:nige16:20170627154828j:plain

f:id:nige16:20170626114535j:plain

f:id:nige16:20170626114545j:plain

f:id:nige16:20170626114609j:plain

f:id:nige16:20170626114623j:plain

f:id:nige16:20170626114641j:plain

f:id:nige16:20170626114539j:plain